一般歯科・予防歯科

一般歯科

予防歯科

新大手町ビル歯科医院の一般歯科

虫歯治療について

虫歯治療について

一般歯科では虫歯治療をメインに行います。虫歯は自然に治ることはなく、そのまま放置すると歯を失うおそれがあります。大切な歯を可能な限り守るためには、早期発見・早期治療が重要です。ただし、その段階で行う治療はあくまでも対症療法にすぎません。原因を特定し、除去しないと虫歯は再発してしまいます。当医院では、歯周内科で用いる原因菌を退治する薬を使用し、原因を除去してから虫歯治療を行います。
もちろん、早期発見も重要ですので、現在、少しでもしみる・痛むなど歯に違和感がある方は、お早めに当医院までご相談ください。

虫歯の段階と治療法

早期段階で適切に対処すれば、簡単な治療だけで済み、短期間で完治します。ですが、歯随に虫歯が到達すると、神経の除去や抜歯などの大がかりな処置が必要となるため、治療も長引いてしまいます……。

虫歯の進行度合い 主な症状 治療法

C1:エナメル質

C1:エナメル質
虫歯がエナメル質を溶かし、黒くなり始めます。痛みはまだありません。 この段階で治療すれば治療時の痛みもなく、短期間で治癒が可能です。

C2:象牙質

C2:象牙質
象牙質まで進行すると、甘い物や冷たい物がしみるようになります。 虫歯になった部分を削り、詰め物をします。

C3:歯随(神経)

C3:歯随(神経)
神経が侵され、何もしていなくても激しく痛みます。 歯随を除去し、被せ物をします(根管治療)。

C4:歯根

C4:歯根
神経が壊死しているため痛みはなくなりますが、歯根先端が化膿すると再び激痛に襲われます。 多くの症例で抜歯が必要となり、入れ歯など失った歯の機能を回復する治療を行います。

虫歯になる前に虫歯を予防しましょう

虫歯になる前に虫歯を予防しましょう

虫歯治療で機能を回復することはできても、歯を本来の姿に戻すことは不可能です。また、お口への関心を高めることが、患者様の体や費用の負担軽減につながります。虫歯になってから治療を受けるのではなく、日ごろから予防をしっかり行い虫歯にならない環境つくりを心がけましょう。

新大手町ビル歯科医院の予防歯科

予防が大事

予防が大事

すべての疾患において一番大切なのは「予防」。これは歯科でも同じです。せっかく虫歯や歯周病の治療をしても、その後のケアをおろそかにすると再発してしまいます。また、「痛くなったから治療する」ことを繰り返していては、歯はどんどんダメージを蓄積していきます。ずっとご自分の歯で元気に過ごしていただくためには、治療後の健康な口腔内環境を保つためにしっかりと予防することが重要なのです。

新大手町ビル歯科医院の予防処置

定期検診

定期検診

患者様によって異なりますが、当医院では3ヶ月に1回程度の定期検診を推奨しております。早期発見・早期治療および治療後の虫歯・歯周病の再発予防を目的とし、定期的な口腔内のチェック、メインテナンス、クリーニングをトータルで行います。もしトラブルが見つかっても、初期であれば簡単な治療で済みます。また、口腔内疾患の原因であるプラークや歯石を定期的に除去することで、予防も万全。定期検診を習慣付け、ご自分の歯を生涯にわたって維持していきましょう。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

医院で治療や処置を受けても、ご自宅での毎日のブラッシングをおろそかにするとトラブルは再発してしまいます。正しいブラッシングでプラークをしっかりと除去しなければ、虫歯や歯周病は予防できません。当医院では患者様の歯並びや口腔内環境に適したブラッシング指導を行い、セルフケアのテクニック向上と健康な口腔内環境維持を目指します。

PMTC

PMTC

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は、医師や歯科衛生士による専用器具を用いた歯のクリーニングです。どんなにご自宅で丁寧にブラッシングしても、頑固なプラークや歯ブラシの行き届かない部分の汚れは残ってしまいます。当医院ではPMTCを通してプラークの徹底除去を行い、患者様の口腔内の健康維持をサポートします。