入れ歯(義歯)・噛み合わせ

入れ歯(義歯)

噛み合わせ

新大手町ビル歯科医院の入れ歯(義歯)治療

入れ歯のお悩みありませんか?

入れ歯のお悩みありませんか?

「今使っている入れ歯が合わない、痛い」「入れ歯を検討したいけれど、どんなものがいいの?」

このような、入れ歯に関するお悩みはありませんか? 失われた歯の機能を回復する入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯があり、使用する材料によって保険診療と自費診療のものがあります。それぞれ見た目や装着感が異なるため、入れ歯を検討するときにはさまざまな特徴を知ったうえで、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。当医院では患者様の口腔内の状態やご希望に合わせ、快適な入れ歯をご提供します。

入れ歯の種類

部分入れ歯 使用する材質により保険診療のものと保険適用外のものがあり、どちらも毎日のケアが必要です。ブリッジのように歯に負担をかけず治療を行えますが、金属のバネで固定するため土台の歯に負担がかかります。また、金属のバネは異物感があり、口を開けたときに目立ちます。
総入れ歯 使用する材質によって、保険診療のものと保険適用外のものがあります。快適にお使いいただくためには、毎日のケアが必要となります。

新大手町ビル歯科の入れ歯治療

保険の入れ歯

保険の入れ歯

保険適応の入れ歯は費用を抑えて作製可能ですが、使用できる素材がプラスチックのみ。「クラスプ」という金属のバネを歯に引っ掛けて支えるタイプになるため外観的に劣り、噛む力は天然歯の約20~30%です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

クラスプがなく目立たない入れ歯で、審美性・装着感ともに優れており金属アレルギーの方にも安心です。従来の方法で作成しているため壊れにくいのも特徴です。修理や調整も簡単で、長く快適にお使いいただけます。
通常のノンクラスプデンチャーであると素材が柔らかすぎてしっかり噛めないなどの問題がありますが、当院のノンクラスプデンチャーはレジンという樹脂を独自に組み込んでいるのでしっかり噛むことが出来ます。

金属床入れ歯

金属床入れ歯

金属床の入れ歯は丈夫で薄く、熱を伝えやすいため食事がおいしく感じられます。使用する金属によってさまざまな特徴があり、患者様のご要望に合わせてお選びいただけます。

金属の種類 特徴
コバルトクロム床
  • 金属床で最もよく使われている素材
  • ほかの金属と比較して、たわみに最も強い
  • チタンと同じくらい軽い
ゴールド床
  • 金やプラチナを使用
  • 腐食による変色が起きない
  • 適合性が高く、体にやさしい
  • ほかの金属にはない、美しい輝きがある
チタン床
  • 非常に軽く、装着感に優れている
  • アレルギー反応を起こしにくく、体にやさしい

症例紹介

症例1

術前

術後

術前

術後

症例2

術前

術後

術前

術後

噛み合わせと全身の関係

噛み合わせの重要性

噛み合わせの重要性

噛み合わせは、お口だけでなく全身の健康に影響を及ぼします。正しくない噛み合わせは肩こりや頭痛などの原因となり、私たちの健やかな日常生活を脅かします。当医院ではLBO咬合に取り組み、患者様の慢性的な症状の改善に努めております。

LBO咬合とは

LBO咬合とは

噛み合わせが粘膜や歯ぐきに与える刺激は、歯と全身の健康に大きく関与しています。正しい噛み合わせによって歯の欠損部にきちんと刺激を伝え、歯の保存と健康維持を目指した技術・理論がLBO咬合です。当医院ではLBO咬合に取り組み、噛み合わせの治療および入れ歯の調整を行っております。詳しくは特殊治療をご覧ください。